保育士の需要

本の山

少子化が進んでいる現代ですが、共働きの夫婦のスタイルが増えてきていることから、保育士の需要は伸びています。社内に託児所を設ける会社や、買い物時間の短時間だけ子供を預かってくれる託児所も出来てきて、保育士の活躍する場は増えてきています。保育士になるのは子供が好きである事が必須条件に挙げられますが、その他にも、子供の些細な変化や異常を見逃さない洞察力や、施設の安全に常に気を配れる視野を持つ事、子供とも親ともコミュニケーションがしっかり取れる事なども重要になってきます。子供は盛んに動き回りますし、いろいろなことに興味を示します。予測できない行動を取る事を念頭に置いて接していく姿勢が必要とされてきます。

保育士の資格は厚生労働省で認定された養成施設を卒業すれば、無試験で資格取得が可能となっています。養成施設は、大学、短期大学、専門学校、通信制などあります。最短で保育士を目指し早く現場に出たいという方には、2年制の専門学校が候補となりますが、4年という長い期間を設けて児童について深く学びたいという方には大学を選ぶと良いでしょう。大学でもコースによって学ぶ事は多岐に渡っていますが、児童心理などの周辺分野にも力を注ぐ学校もあります。現場で活躍するスペシャリストを養成すると掲げている学校もありますから、自分が学びたい分野は何か、伸ばしたい要素は何か等を考慮し学校を選択すると良いでしょう。また、これらの学校に進学しなくとも資格取得できる手段もあります。その方法は、保育士国家試験を合格する事です。合格すると各都道府県の保育士登録簿に登録されます。