家庭教師の費用

ガッツポーズをする医師

家庭教師の有効活用について書いていきます。教育には非常にお金がかかるものです。家庭教師は1対1のマンツーマン指導なので、学習塾に通わせるよりもお金がかかります。しかしながら、子供にはしっかりとした教育を受けさせたいものです。そうしたジレンマを解決する方法として次のことを紹介します。すなわち、得意科目については集団指導塾に通わせて、苦手科目については家庭教師を利用することが最もお勧めです。それというのも、得意科目については、クラス授業であっても、問題ありません。極端なことをいえば、自分でも勉強することができます。一方、苦手科目については、集団指導や独学ではなかなか学力向上につながりません。そのため、丁寧に教えてくれる必要があります。このように、学習塾と家庭教師をうまく併用することが大切です。

家庭教師を利用する場合の相場とは、どのようなものになっているのでしょうか。それは、出身大学と経験年数に応じて、変わります。難関大学であれば、時給は2000円以上が相場です。難関大学でなければ、時給は1500円以上が相場です。これらに経験年数が加わることによって500円から1000円程度、それぞれの時給に加算されていきます。これが教師の時給です。これらの時給に加えて派遣会社の手数料も考えなければいけません。そのため、難関大学であれば、週1回(120分)であれば25000から30000円程度/月が相場になっています。一方、難関大学でない場合は、20000円〜25000円程度/月が相場になっています。もちろん、これはあくまでも目安です。実際には、手数料や時給は派遣会社によって変わります。あくまでも参考程度にしてください。